ADR PREMIUM IRON

2010年3月に発売いたしました前作ADR-Premium アイアンはその飛距離と安定した方向性で人気を博しました。今回のADR-Premium アイアンはこの前作を上回る打ち易さと飛距離を設計上実現させています。
新設計“ウェーブコントロールキャビティウェイトフローシステム”を採用し、前作よりインパクト時の打感を向上させて尚、前作同様易しいユーティリティのようなアイアンを完成させ、前作以上の飛距離を実現しています。また、安心して構えられる大きめのヘッドで易しく強くより遠くヘ飛ばす事ができます。

ヘッド特徴

この新設計“Wave ControlCavityWeightFlowSystem”( ウェーブコントロールキャビ、ティウェイトフローシステム)はロングアイアンではユーティリティの易しさ・ミドルアイアンは しっかりとした打感とコントロール性・ショートアイアンはショット時のひっかけを防ぎ安心してターゲ、ツトをしっかり捕らえ、ウエッジはアプローチショットした時にヘッドのブレを抑えるボールコントロールを実現させています。

前作同様に各番手毎に専用に設計されています。#4 ・#5・#6のロングアイアンはボールをつかまえ易くする為にヒール部にウェイ卜を配置し、#7・#8のミドルアイアンは中央部にウェイ卜を配置してバランス良く設計し、#9・Pwのショー卜アイアンは引っ掛けを抑制する為に卜ゥ部にウェイ卜を配置しています。Aw ・ASw ・Swなどウエッジ、はオフセンターヒットによる飛距離や方向性のばらつきを抑制する目的でトゥ・ヒール両側にウェイトを配置しています。前作はバックフ工ースで、そのウェイ卜配置が一目でわかる設計でしたが、ADR-Premiumでは見た目では解り難い新しい設計方法で作成されています。更に、前作とは素材にも改良を加え、より柔軟にあらゆるシーンで活用できるようにしています。フェースには、AM355 を新採用する事で弾き感とソフトな打感を両立させ、ボディには強度と柔軟性を兼ね備えた素材431を採用する事によりロフト・ライ角の調整というパーソナライズまでも可能にしています。

シャフト特徴

FujikuraMotoreSpeeder45i/R ・60i /Sシャフトはドライバー・フェアウェイウッド同様ヘッドスピード38m/s~45m/s のゴルファーに対応したフジクラ社製のMotoreSpeeder45i/R・60i/SをOEM採用しています。

手元側に7軸テクノロジーを施し、高い先端剛性と共にハードヒット時のパワーロスを抑制。適正なスピン量で狙った通りに飛ばしていけるシャフトです。

製品カテゴリ一覧

Webカタログ

2014Web CATALOG
2014PROTOTYPEカタログ

採用情報

現在募集は行っておりません。

SLEルール/2010年新しい溝の規制
アキラプロトタイプの会
アキラプロトタイプの会

▲ PAGETOP