ADR DRIVER

①『重心深度を浅くする事でボールの上がりを抑える』≒ボールの直進性をUP!
②『重心距離を短くする事でボールのつかまりが向上』≒速いヘッドターンでスライス撲滅!
③『Lカップフェース採用で反発力が向上』≒飛距離UP!
この3つの飛ばす要素をバランスよく組合せる事で歴代ADRシリーズ(高反発を除く)最高飛距離を実現。
更に2箇所に配置した(トゥ側に5g/1個・ヒール側に5g/1個)ウェイトビスを換えることによりスイングバランスを調整したりボールのつかまり度合の調整幅を設けることで最適な球筋を見つける事が可能。

シャフト特徴

■New Speederコンセプトを適用
・「飛び」と「捉まり」を両立
・高打出しを作る先中調子の曲げ剛性分布
・手元が硬く感じやすい先中調子にタメを作りやすくするために手元側は細めの外径分布
・3軸織物カーボンを先端に複合、インパクトの強いハジキと鋭いしなり戻によりシャフトで飛ばす

グリップ特徴

ソフトでしっとり感のあるABR樹脂を採用したフルラバーグリップを搭載  [グリップ重量:44g]

製品カテゴリ一覧

Webカタログ

2014Web CATALOG
2014PROTOTYPEカタログ

採用情報

現在募集は行っておりません。

SLEルール/2010年新しい溝の規制
アキラプロトタイプの会
アキラプロトタイプの会

▲ PAGETOP